産業動物獣医師を目指す人に向けて

【新卒/1年目】北海道の産業動物獣医師の初任給を公開します【給料明細】

『好む好まざるに関わらず、人は金を得るために、人生の多くの時間をそのために使っている。いいか言わば自分の存在、命を削っている。存在そのものを「金」に変えているんだ。つまり人は皆、サラリーマンも、役人も、命懸けで金を得ている。気がついていないだけだ。極端に薄まってるから、その本質を多くのものが見失ってるだけ。』

私が好きな漫画『賭博黙示録カイジ』に登場する利根川幸雄の大好きなセリフです。

カイジのスピンオフである『中間管理録トネガワ-コミック』もとても面白いので、まだ読んだことのない人は読んでみてください!

 

さて、本題に戻りますが、先日、私も初めてお給料をいただきました。

今回の記事では、

  • 産業動物獣医師の初任給っていくらなの?
  • 獣医さんってどのくらい給与もらっているの?

こういった疑問にお答えすべく、私の初任給を公開したいと思います。

私は、現在、北海道で産業動物獣医師として仕事をしています。

詳しいことに関しては、『【プロフィール】なぜ産業動物獣医師の私がブログを書いているのか?』に書いていますので、お読みください。

【プロフィール】なぜ産業動物獣医師である私がブログを書いているのか?こんにちは! 現在、私は北海道で産業動物獣医師として働いています。 獣医師として働くかたわら、『獣医ってこんな感じだよ!』ということ...

新卒、産業動物臨床獣医師の初任給の額面と手取り

私の初任給は、額面では289,784円、手取りでは273,175円でした。

ちなみに、残業はありませんでした。

また、初任給のため、社会保険料としては雇用保険のみ、税金としては所得税のみ、引かれているので、額面に対して手取り額は多くなっています。

※規定の税金など以外に、社宅使用料や職員会費なども天引きされています。

初任給を受け取った感想と使い道について

親の援助を受けて、長い学生期間を過ごしてきたため、ようやく自立できるようになったなというのが率直な感想です。

また決して多くはないけれど、一人暮らしで特別贅沢をしなければ、困ることのないお給料だと感じました。

ほどほどにお金を使いながら、余ったお金は証券口座に入れて、資産運用していきたいと思っています。

サラリーマンができる税金対策は少ないが必ず行いたい

サラリーマンは事業主と異なり、税金控除額を増やし可処分所得を増やす手段は多くありません。

できる税金対策が少ないですが、一年目からできる税金対策はきっちりと行いたいです。

新卒一年目の新社会人でもふるさと納税は必ず行いたい

ふるさと納税は実質2,000円の負担で、所得税・住民税の控除が受けられる制度であり、サラリーマンなら必ず利用したい制度です。

ふるさと納税-楽天市場(外部リンク)』で簡単にふるさと納税を行うことができますので、まだやっていない人はやることをおすすめします。

お得にいろいろな商品を選べるふるさと納税は、それだけで生活の楽しみが一つ増えますよね。

新卒で社会人1年目のサラリーマンがふるさと納税をしてみました』という記事では、実際にふるさと納税したことについて紹介しています。

【新卒/社会人1年目】セミリタイアを目指すサラリーマンがふるさと納税をしてみた【節約/節税】先日、サラリーマンの数少ない税金対策であるふるさと納税制度を活用し、返礼品を頂きました。 新卒1年目のサラリーマンであれば、それほど給...

産業動物獣医師の年収について

冒頭にもあるように、余程の富裕層でもない限り、給与は職業を選ぶ上での大きな要因になります。

【年収は高い?低い?】北海道の産業動物獣医師の給与推移について【給料明細】』という記事では、随時、月々の給与明細を公開しています。

【年収が高い?低い?】北海道の産業動物獣医師の給与推移について【給料明細】「獣医さんってどのくらいお給料もらってるの?」 「今獣医学生なんだけど、実際にどのくらいの給料なんだろう?」 このように疑問に思って...

獣医師を目指している方、進路を迷われている獣医学生などの参考になればと思い、今後も可能な限り公開していく予定です。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

この他にも、『【新人獣医師・獣医学生必見】産業動物臨床獣医師におすすめの専門書/参考書【乳牛の勉強】』では、おすすめの参考書を紹介しています。

【新人獣医師・獣医学生必見】産業動物臨床獣医師におすすめの専門書/参考書【乳牛の勉強】大学の講義で、牛の臨床についての講義はあるけど、もっと体系的に勉強したい。 産業動物獣医師として就職してから、牛の臨床のことを勉強した...

また、『【現役獣医師が語る】臨床獣医師・獣医学生におすすめの聴診器【動物のお医者さん】』では、おすすめの聴診器を紹介していますので、ぜひご覧ください。

【現役獣医師が語る】臨床獣医師・獣医学生におすすめの聴診器【動物のお医者さん】動物は言葉を話すことはできません。 獣医師が動物を診察する際には、飼い主からの稟告を元に、視覚、聴覚、触覚、嗅覚など人間の感覚をフルに...
ABOUT ME
とんちき
当ブログを運営・管理している”とんちき”です。 現在、北海道で産業動物臨床獣医師として働きながら、ブログを書いています。 詳しくは、『【プロフィール】なぜ産業動物獣医師である私がブログを書いているのか?』をご覧ください。
こんな記事もおすすめ!
産業動物獣医師を目指す人に向けて

【ピング音/拍水音/軋轢音】乳牛の聴診方法について現役獣医師が説明します!

2020年7月24日
北海道の田舎暮らし
産業動物獣医師として診療に携わるようになってから、しばらくが経ちました。 今思い返すと、学生時代に臨床実習に参加した際には、先輩が何をやっ …
北海道で暮らしたい人に向けて

【月別配当金公開】田舎のサラリーマンが高配当株/ETF再投資戦略でFIREを目指してみた【経済的自由】

2021年3月18日
北海道の田舎暮らし
昨年から社会人になり働き始めて、ようやく経済的に自立できるようになりました。 しかし、社会人になってからというもの 『お金を稼ぐこと …
産業動物獣医師を目指す人に向けて

お産が進まない?臨床現場での牛の子宮捻転の診断方法と整復方法について

2021年11月27日
北海道の田舎暮らし
『朝から産みそうで産まないんだよね』 夜中の急患依頼の電話でまずこれを聞くと真っ先に考えるのが、子宮捻転だと思います。 往診先へ車を走ら …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA