お金と株式投資

冬の北海道で一軒家一人暮らしでかかる1ヶ月の灯油代は?雪国はお金がかかるからやめておけ!

北海道での初めての長い長い寒い冬がようやく終わりました。

本州にいた時には、寒くてもあまりストーブを焚くことは我慢していましたが、寒さの厳しい北海道ではストーブを焚かないわけにはいきません。

そこで気になるのが、灯油代(燃料代)だと思います。

雪国はお金がかかると言われていますが、実際にはどうなのでしょうか?

今回は、冬の厳しい北海道でかかる灯油代についてお話ししたいと思います。

私は現在北海道の田舎で暮らしています。

詳しくは、『【プロフィール】就職で北海道に!とんでもない田舎だった…【田舎暮らし】』をお読みください。

【プロフィール】就職で北海道に!そこはとんでもない田舎だった...【田舎暮らし】2020年春、コロナウイルスが世の中を騒がせている中、就職で北海道の田舎町に赴任することになりました。 田舎町と言っても、関西や関東で...

冬の北海道で実際にかかった灯油代は1ヶ月でおよそ1万2000円でした

11月から4月までの冬の間6ヶ月でかかった灯油代はおよそ7万円程度でした。

1ヶ月に換算すると1万2000円程度だと思います。

かなり節約して使用していたため、消費量は抑えることができたと思いますが、それでもかなりの出費には変わりありませんでした。

【月別配当金公開】田舎のサラリーマンが高配当株/ETF再投資戦略でFIREを目指してみた【経済的自由】 昨年から社会人になり働き始めて、ようやく経済的に自立できるようになりました。 しかし、社会人になってからというもの 『お金を稼ぐ...

一人暮らしの灯油代を安く抑えるためには?

現在、私が住んでいる物件は築10年程度の木造一戸建です。

灯油の消費は、主にストーブと給湯になります。

北海道の冬場の冷水はとてもじゃないですが冷たすぎて、使用するのに難ありなので、私の場合は常にお湯を使用していました。

ストーブは冬場の間は常につけっぱなしでしたが、外出中と寝るときは、省エネモードにしていました。

道外出身の私は、室内が暖かすぎると気持ち悪く感じてしまうので、室内にいて寒い時だけ普通に焚いていました。

北海道に住んで長い人だと常にガンガンストーブを焚いている人も多いようですが、そういう人は一人暮らしでも月2万円以上かかると思います。

またあまりに築古の一戸建ては家賃は安いかもしれませんが、冬場はかなり暖房代がかかるのでそこも考慮して物件は決めた方が良いと思います。

北海道に就職する人は燃料手当(寒冷地手当)がある会社にすべき

どんなに節約したとしても、ストーブを焚かずに過ごせるほど北海道の冬は甘くありません。

会社員なら会社によっては、燃料手当(寒冷地手当)がある会社も少なくありません。

もし北海道に就職で希望している人がいらっしゃる場合には、燃料手当があるのかも確認必須です。

【新卒/社会人1年目】セミリタイアを目指すサラリーマンがふるさと納税をしてみた【節約/節税】先日、サラリーマンの数少ない税金対策であるふるさと納税制度を活用し、返礼品を頂きました。 新卒1年目のサラリーマンであれば、それほど給...

北海道は家賃は安いが生活コストが高いので、セミリタイアの移住先には不向き!

田舎は家賃も安くて、近年では私のような田舎志向の若者も増えているように感じます。

その代表として、広大な土地を誇る北海道は家賃がとても安いです。

しかしその家賃の安さと裏腹に雪国のため生活コストは非常に高いです。

【年収が高い?低い?】北海道の産業動物獣医師の給与推移について【給料明細】「獣医さんってどのくらいお給料もらってるの?」 「今獣医学生なんだけど、実際にどのくらいの給料なんだろう?」 このように疑問に思って...

北海道の冬場は灯油代など生活コストがかかる

北海道は自然も豊かでご飯も美味しいし、とても良いところだと思います。

しかし一方で生活コストが非常に高いということは承知しておいてください。

もしセミリタイア後に移住などを考えていらっしゃる人は、冬場に一度北海道移住体験をしてみると良いかもしれません。

移住体験については、『体験移住「ちょっと暮らし」|北海道への移住・定住を応援する情報サイト』というサイトでわかりやすく説明されているので、気になる方は除いてみてください。

移住体験を受け入れている市町村も多いので、直接サイトに行って応募してみるのも良いかもしれません。

北海道の田舎は車は必須でガソリン代もかかる

北海道の札幌の一部を除いて、車は必須です。

北海道の田舎に住んで、ちょっとお出かけするにしても車を数時間運転するのが普通になりました。

3時間くらいなら近いという感覚です。

5時間くらいならなんともないというようなそんな感じです。

移動距離は数百キロなどはごく普通にあります。

北海道の田舎は灯油代やガソリン代も非常に高い

札幌などの都市と比べても、北海道の田舎は灯油代やガソリン代などの燃料費は非常に高いです。

リッターあたり10円から20円程度高いことが多いです。

ただでさえ多くの燃料を使う生活なのに、さらにこの燃料費が財布を圧迫してきます。

田舎で家賃が安いと聞くと北海道を考える人も多いかとは思いますが、就職先や移住先として北海道を考えている人は生活コストが高いことは知っておいてください。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

少しでも参考になれば幸いです。

【事業所得】リベ大の両学長おすすめの副業を大学生がやってみた【実体験】今から2年ほど前に、初めて両学長のYouTube『両学長 リベラルアーツ大学(外部リンク)』を見た時は衝撃的でした。 当時の私はお金に...
【新卒/1年目】北海道の産業動物獣医師の初任給を公開します【給料明細】『好む好まざるに関わらず、人は金を得るために、人生の多くの時間をそのために使っている。いいか言わば自分の存在、命を削っている。存在そのも...
ABOUT ME
とんちき
当ブログを運営・管理している”とんちき”です。 現在、北海道で大動物臨床獣医師として働いています。 詳しくは、『【プロフィール】就職で北海道に!とんでもない田舎だった…』をご覧ください。
こんな記事もおすすめ!
お金と株式投資

【新卒/社会人1年目】セミリタイアを目指すサラリーマンがふるさと納税をしてみた【節約/節税】

2020年8月15日
北海道の田舎暮らし
先日、サラリーマンの数少ない税金対策であるふるさと納税制度を活用し、返礼品を頂きました。 新卒1年目のサラリーマンであれば、それほど給与所 …
お金と株式投資

【リベ大両学長もおすすめ】自分の強みを知るストレングスファインダーをやってみた【自分の資質を知る】

2020年8月31日
北海道の田舎暮らし
皆さんは自分の強み・長所を知っていますか? 私は正直、自分の強みや長所をしっかりとわかっていませんでした。 そんな自分の強みを知ることが …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です