牛の診療

【産業動物臨床獣医師が語る】乳牛の聴診とその部位について【肺炎?下痢?ピング音?】

産業動物獣医師として診療に携わるようになってから、早いものでもう1年以上が経過しました。

今思い返すと、学生時代に臨床実習に参加した際や初めて往診随行した際には、先輩が何をやっているのかよくわからず、「聴診してみな」と先輩に言われるがまま、先輩がやっているように見様見真似で聴診していました。

当時は、『なんか先輩が牛にデコピン始めたり、今度は揺すり出したぞ』などと恥ずかしながらそのような感想でしかありませんでした(笑)

そんな私でも牛の聴診についてある程度理解してきましたので、牛の聴診について私のわかる範囲でですが、ご説明したいと思います。

この記事を読むことで

  • 牛の診察(特に聴診)のやり方とポイント

について理解できるので、臨床実習に参加される獣医学生の方は必ずお読みください。

また『【現役獣医師が語る】臨床獣医師・獣医学生におすすめの聴診器』という記事ではおすすめの聴診器を紹介していますので、またお読みでない方は是非お読みください。

【現役獣医師が語る】臨床獣医師・獣医学生におすすめの聴診器【動物のお医者さん】 動物は言葉を話すことはできません。 獣医師が動物を診察する際には、飼い主からの稟告を元に、視覚、聴覚、触覚、嗅覚など人間の感覚をフ...

現在、私は北海道で産業動物獣医師として働いています。

詳しくは、『【プロフィール】就職で北海道に!とんでもない田舎だった…』をお読みください。

【プロフィール】就職で北海道に!そこはとんでもない田舎だった...【田舎暮らし】2020年春、コロナウイルスが世の中を騒がせている中、就職で北海道の田舎町に赴任することになりました。 田舎町と言っても、関西や関東で...

牛の聴診する部位とやり方について

牛の聴診する部位は大きく分けると、以下の7箇所あります。

  1. 左けん部
  2. 左聴打診
  3. 左肺
  4. 左心音
  5. 右聴打診
  6. 右肺
  7. 右心音

これらの部位に聴診器を当てて、生体内の音を聴取し、今その生体内がどのような状態か把握していきます。

聴診部位はできれば、毎回同じ順序で聴診するのが望ましく、私は上記の①〜⑦の順に聞いています。

①左けん部:第一胃(ルーメン)の蠕動音

左けん部に聴診器を押し当てているのは、第一胃(ルーメン)の蠕動音を聞いています。

一般に2〜3分程度左けん部に聴診器を当て続け、よく第一胃が動いていれば、ゴロゴロゴロ、ゴゴゴゴゴなどといった音がおよそ1分間に1回程度聴取されます。

この音は第一胃壁と内容物との接触音を聴取しています。

この音はぐるぐるぐると聞こえるため、グル音と表現される先生もいらっしゃいます。

体調の良くない牛を聴診すると、全く聴取されなかったり、音が弱かったりします。

TMRを食べさせている牛群では、第一胃の蠕動音は弱く聴取されたりもします。

また体調が悪く、ルーメンマットが十分に形成されていない牛のけん部の聴診では心音が聞こえたり、第四胃変異の時には第四胃に溜まったガスが第一胃に抜けるとポコポコという音が聞こえたりします。

そしてこの左けん部の聴診時間は長いので、

  • 立ち方はどうか?
  • 脂肪ののり具合はどうか?
  • 皮温はどうか?
  • 顔つきはどうか?
  • 餌槽にエサは残っているか?
  • ケトン臭はするか?

などといったことも聴診しながら、その牛の状態をよく確認しましょう。

【新規就農者/酪農家/臨床獣医師におすすめの本】牛の行動を観察してカウシグナルズ(Cow Signals)を読み取ろう! ”牛の行動を観察しよう”とよく言われますが、牛の正常な行動・異常な行動について知っていますか? 私は現在産業動物獣医師として働いて...

②左聴打診:ピング音(Ping sound)、振とう聴診

牛の体壁に聴診器のチェストピースを押し付けて、体壁をデコピンすることで、生体内がどのような状態か調べることをピングテストと言います。

私の場合は、最後肋骨(季肋)上にチェストピースを押し当てて、広い範囲をデコピンしています。

このデコピン、実は意外と力がいるんですよね。デコピンが弱いと反響音が聴取されないため、疾患の見落としに繋がるのでデコピンが弱い人は訓練しましょう(笑)

このピング音は、生体内の状態により、反響して聞こえる音は異なります。

例えば、臓器の中が詰まっている状態なら、ボンボンボンと低い音が聴取されます。

また多くの第四胃変異ではピングテストで、キンキンキンやカンカンカンなどといった有響性金属音(メタリックサウンド)が聴取されます。

左の聴打診では主に第四胃変異の診断のため、聴打診が行われます。

有響性金属音は、ルーメンマットのない第一胃や、術後の腹腔でも聴取されますし、有響性金属音のしない四変(ガスが抜けて貯留していない)もあるので、それらを鑑別しなければなりません。

また四変の際には、第四胃内に液体が貯留していることが多く、体壁を押して揺することでチャプチャプといった拍水音が聴取されることがあります。これを振とう聴診と言います。

③左肺音

左の肺野にチェストピースを当て、左の肺音の聴取を行います。

私の場合はまず肘後の肺野に当て、その後広く肺野を聴診していきます。

肺炎の際には、気管支が肥厚し、肺副雑音が聴取されます。

内径が太い管を空気が通っても空気の通る音は聞こえにくいのに対して、炎症が起き、肥厚することで内径が細くなり、そこを空気が通ると音が聞こえやすくなるといった具合です。

子牛、育成牛、成牛によっても正常な肺音は聞きやすさは異なります。

成長すればするほど、気管支は太くなるため、先ほど説明した通り、呼吸音も聴取しにくくなります。

健康な成牛では、呼吸音は集中して聴取しなければほとんど聞こえません。(※実際の牛群では過去に子牛や育成期に肺炎に罹患している個体も多く、副雑音が聴取されることが多々あります)

一方、健康な子牛でも呼吸音は普通に聴取されるので、肺炎で肺副雑音が聞こえているのかよく聞き分ける必要があります。

呼吸数は成牛:20〜30回/分、子牛:24〜34回/分が基準値とされています。最低、15秒は呼吸数を数えましょう。

④左心音

左の心音は、肺動脈弁、大動脈弁、僧帽弁(左房室弁)の3箇所を移行聴診するなどと参考書に書かれていますが、実際に移行聴診できている臨床獣医師はそれほど多くないと思います。

私の場合は、前肢と体壁の間にチェストピースを滑り込ませて、最強点で心音を聴取しています。

心拍数は成牛:60〜85回/分、子牛:80〜120回/分が基準値とされています。最低、15秒は心拍数を数えましょう。

⑤右聴打診:ピング音(Ping sound)、振とう聴診

基本的には左の聴打診と同じですが、右では、第四胃変異、結腸鼓脹、盲腸鼓脹の鑑別が必要になります。

これらの鑑別は有響性金属音(メタリックサウンド)が聴取される位置、触診、直腸検査などによって総合的に鑑別していく必要があります。

⑥右肺音

牛の右肺には気管の気管支が存在し、呼吸器感染症を起こした際に最も感染しやすい部位なので、必ず右の肺音も聴診するようにしましょう。

⑦右心音

牛は呼吸器感染症が多いため、呼吸器(肺)から肺静脈に移行し、心臓に到達し、細菌などが三尖弁(右房室弁)に感染することで、心内膜炎を起こすことが多いため、必ず右の心音も聴取するようにしましょう。

【獣医師の1年目】新人獣医師は忙しくて大変?研修医はきつい?【新人獣医師の1日】獣医師になってから早いもので1年が経過しました。 この1年間を振り返ってみると、本当にあっという間だったと感じます。 そして、この春...

聴診は難しいけど、とにかく丁寧にたくさん聴診しよう

私自身、子牛の正常な肺音と病的な肺副雑音を区別することが最初のうちはなかなかできず、悪戦苦闘していました。(現在でも悪戦苦闘していますが)

でも毎日聴診を行なっているとだんだんとわかってくるようになってきました。

参考書で聴診に関してもいろんなことが書かれていますが、正直それを読んでもいまいち理解することは難しいと思います。

聴診に関して、とにかく丁寧にたくさん聴診するしかないと思います。

冒頭にも書きましたが、私が学生の頃は聴診のやり方も理解していませんでした。

どんなにベテランの先生でも最初は全くわかっていなかったのですから、もし実習に参加した際には往診随行担当の獣医師に一つ一つ聞いてみると良いと思います。

聴診は診断するための一つの手段であり目的ではない

最も大切なことですが、聴診は診断するための一つの手段であるということです。

実際には、稟告や視診、血液検査などから総合的に診断を行います。

一方で、『大丈夫だと思うんだけど今日も念のため心配だから聴診器を当てて診て欲しい』と言われることも少なくありません。

やはり獣医師が聴診器を当てて動物の状態を診るという行為自体、畜主を安心させる重要な行為であるように感じています。

以上、ざっくりとですが、産業動物獣医師を志す獣医学生の方が臨床実習に挑む際に少しでもお役に立てれば幸いです。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

【現役獣医師が語る】臨床獣医師・獣医学生におすすめの聴診器【動物のお医者さん】 動物は言葉を話すことはできません。 獣医師が動物を診察する際には、飼い主からの稟告を元に、視覚、聴覚、触覚、嗅覚など人間の感覚をフ...
【年収が高い?低い?】北海道の産業動物獣医師の給与推移について【給料明細】「獣医さんってどのくらいお給料もらってるの?」 「今獣医学生なんだけど、実際にどのくらいの給料なんだろう?」 このように疑問に思って...
ABOUT ME
とんちき
当ブログを運営・管理している”とんちき”です。 現在、北海道で大動物臨床獣医師として働いています。 詳しくは、『【プロフィール】就職で北海道に!とんでもない田舎だった…』をご覧ください。
こんな記事もおすすめ!
おすすめの牛の書籍

【酪農家/獣医におすすめ】産業動物臨床獣医師の仕事と恋愛が描かれた『獣医さんのイタい恋』

2021年8月2日
北海道の田舎暮らし
産業動物臨床獣医師の仕事といえば、『乳牛はじめ、肉牛、馬、豚、鶏などの家畜の診療ならびに疾病の予防、飼養衛生管理の指導などを行う』と説明され …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です