産業動物獣医師を目指す人に向けて

【新卒/1年目】北海道の産業動物獣医師の初ボーナス(賞与)を公開します【給料明細/年収】

新社会人として、4月から働き出してから約2ヶ月が経過しました。

あっという間に夏のボーナスの時期になり、就職してから初めてのボーナス(賞与)をいただきました。

なんだかボーナスという言葉を耳にするだけで嬉しくなりますよね。

そこで、今回の記事では、

  • 産業動物獣医師の初ボーナスっていくらなの?
  • 新卒サラリーマンの夏のボーナスと比較してどうなの?

こういった疑問にお答えすべく、私の初ボーナスを公開したいと思います。

私は、現在、北海道で産業動物獣医師として仕事をしています。

詳しいは、『【プロフィール】なぜ産業動物獣医師の私がブログを書いているのか?』に書いていますのでお読みください。

【プロフィール】なぜ産業動物獣医師である私がブログを書いているのか?こんにちは! 現在、私は北海道で産業動物獣医師として働いています。 獣医師として働くかたわら、『獣医ってこんな感じだよ!』ということ...

そもそもボーナス(賞与)って何?

ボーナス(賞与)とは、労働者に対し定期的に支払われる給与(月給など)とは別に払われる特別な給料のことであり、賞与の支給に関する法令上の規定はないそうです。

つまり、労働契約書に賞与に関する明確な記載がない限り、会社は賞与の支払いの義務がないということになります。

会社の業績が向上しボーナスも上がれば嬉しいですが、会社の業績が低迷しボーナスが減額または無支給となっても法律上何の問題もないということになります。

会社は定期的に支払われる給与(基本給など)に関しては法律上の義務があるので、基本給を低く設定し、ボーナス(賞与)を高く設定することで一定の労働条件を維持している企業もあるようです。

労働契約書にボーナス(賞与)に関する明確な記載がない限り、確約のない賞与をあてにすることは少し危険で心許無いですね。

【新卒/1年目】北海道の産業動物獣医師の初任給を公開します【給料明細】『好む好まざるに関わらず、人は金を得るために、人生の多くの時間をそのために使っている。いいか言わば自分の存在、命を削っている。存在そのも...

産業動物獣医師の初ボーナス(賞与)額面と手取り

私(産業動物獣医師)の初ボーナス(夏季賞与)は、額面168,615円、手取り140,884円でした。

では、世の中の新卒サラリーマンは一体いくらいただいているのでしょうか?

【年収が高い?低い?】北海道の産業動物獣医師の給与推移について【給料明細】「獣医さんってどのくらいお給料もらってるの?」 「今獣医学生なんだけど、実際にどのくらいの給料なんだろう?」 このように疑問に思って...

2019年度の新入社員の夏季賞与(初ボーナス)の平均額

2019年度の新入社員の夏季賞与は、88.1%の企業が何らかの夏季賞与を支給し、支給額の平均は大学卒87,636円、高校卒69,064円という統計でした。2019年度 決定初任給調査より引用)

2018年度の新入社員の夏季賞与は、85.0%の企業が何らかの夏季賞与を支給し、支給額は大学卒88,428円、高校卒69,873円だったことから、前年と比べてもほぼ横這いの水準のようです。

新入社員は前の決算成績に関して寄与していないので、貰える額はやはり少額になるようです。

このように平均額と比較すると、産業動物獣医師の初ボーナスは高い水準にあるようです。(※もちろん勤めている病院・組織などによっても異なる)

就職説明会でも、雇用条件に賞与(〇ヶ月分支給)などと書かれていますが、初ボーナスについてはどうなのかあまり聞く機会はないと思います。

そこで今回は、産業動物獣医師の初ボーナスを公開してみました。

少しでもお役に立てば幸いです。

年収に影響大!産業動物獣医師のボーナス(賞与)っていくらもらえる?』という記事では、産業動物獣医師のボーナスの推移について公開しています。

年収に影響大!産業動物獣医師のボーナス(賞与)っていくらもらえる?『【年収が高い?低い?】北海道の産業動物獣医師の給与推移について【給料明細】』という記事では、産業動物獣医師の月々の給与推移について、ご...

【新卒/1年目】産業動物獣医師の初任給を公開します【給料明細】』という記事では、産業動物獣医師の初給与についても公開していますのでお読みください。

【新卒/1年目】北海道の産業動物獣医師の初任給を公開します【給料明細】『好む好まざるに関わらず、人は金を得るために、人生の多くの時間をそのために使っている。いいか言わば自分の存在、命を削っている。存在そのも...
ABOUT ME
とんちき
当ブログを運営・管理している”とんちき”です。 現在、北海道で産業動物臨床獣医師として働きながら、ブログを書いています。 詳しくは、『【プロフィール】なぜ産業動物獣医師である私がブログを書いているのか?』をご覧ください。
こんな記事もおすすめ!
産業動物獣医師を目指す人に向けて

【NOSAI/動物病院】診断のために産業動物獣医師が飼い主(農家)に必ず聞くこと【臨床実習】

2020年10月14日
北海道の田舎暮らし
NOSAI実習や動物病院実習に参加する際、鑑別診断するために飼い主(農家)にどのようなことを聞けば良いかわかりますか? 特に初診時には飼い …
産業動物獣医師を目指す人に向けて

【繁殖検診/妊娠鑑定】コツを掴むまで難しい!新人獣医師が牛の直腸検査ができるようになるまで

2021年6月26日
北海道の田舎暮らし
牛の獣医さんと言えば、牛のおしりに手を入れる姿が衝撃的なのか、そのような印象を抱く人も多いように感じます。 実際そのようなイメージは間違い …
産業動物獣医師を目指す人に向けて

【新卒/1年目】北海道の産業動物獣医師の初任給を公開します【給料明細】

2020年4月20日
北海道の田舎暮らし
『好む好まざるに関わらず、人は金を得るために、人生の多くの時間をそのために使っている。いいか言わば自分の存在、命を削っている。存在そのものを …
産業動物獣医師を目指す人に向けて

【妊娠鑑定/繁殖検診】獣医師が行う牛の直腸検査で卵巣や子宮の触診を上達するためのコツは?

2022年3月27日
北海道の田舎暮らし
産業動物獣医師にとって、牛の妊娠鑑定や繁殖治療を行う上で、直腸検査は必須のスキルです。 とはいえ、産業動物獣医師になるまで、直腸検査はほと …
産業動物獣医師を目指す人に向けて

【基礎系?臨床?】獣医学生の研究室ゼミの選び方!大学院や就活に影響はあるのか?

2021年1月30日
北海道の田舎暮らし
獣医学生は、早い大学では3年生から、遅い大学であっても5年生から研究室に入ることになると思います。 研究室の配属が決まる前には、いろいろな …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA